小中学校、高等学校のオンライン授業に必要なものが分からない、と相談を受けました。

お母さん友達の方ですが、アナログ派。ツールとかアプリとか言われても区別がつかないって。

そういうこと、ありますよね。

ですので、アナログ派のお母さんでも読めば分かる、というまとめを致しました。

学校のオンライン授業に必要なもの

オンライン授業を受けるために家庭で用意しなくてはいけないものは、最低限2つ。

 

1、インターネット回線【オンライン授業】

光回線契約で家にWi-Fiが一番、安定します。


話題のNURO光で早さと安さが魅力。

光回線の工事は、今、在宅ワークなどの流行で何ヶ月も待たないといけないそうです。

そのつなぎには、このレンタル・ルーターサービス。


ワイファイルーターを、借りたい分だけ借りられる、お得なレンタルです。

光回線へのつなぎに、賢い方法ですね。

2、パソコン【オンライン授業】

コロナの第2波、第3波が来ると考えて、パソコンを用意した方が良いです。

スマホ・タブレットは長時間カメラ撮影をしていると熱を持って固まります。

画面も小さくて、子供が集中できる環境ではありません。

最低限、ネット環境とパソコンを用意してあげましょう。

小さいうちから、パソコンに慣れさせてあげるのも良い教育と思いますよ。

プログラマー、システムエンジニアは、非常に有望な職種です。

ノートパソコンには、カメラとマイクがついていて、別途買う必要がありません。

デスクトップパソコンは選ばないほうが良いですよ。

性能も高いものでなくて良いです。

アンダー5万円で十分。

オンライン授業用パソコン選びをまとめたページはこちら

 

オンライン授業ツール、アプリ

ZOOMが強いです。

今現在、シェアナンバーワンのオンライン授業システムです。

こちらをパソコンにインストールしましょう。

学校で、IDとパスワードを発行されるので、打ち込むだけ。

他にも、シスコ、TEAMSなどあります。

 

学校の指定があるので、そのツール、アプリを使えば良いわけです。

オンライン授業用に1台、パソコンを用意しておけば、簡単。

たぶん、管理のしやすさから、ZOOMを選ぶ学校が多くなるんじゃないでしょうか。

オンライン授業でも子供のやる気を起こさせる魔法の言葉がけ

休校措置で、子供はモチベーションが下がっています。

親ほど、オンライン授業に熱意はありません。

ニートを育ててしまったのか、と暗澹たる気持ちになってはいけませんよw

誰でもこんな窮屈な生活に突然、追い込まれて目標とかやる気とか見失うのはしょうがないです。

子供を怒ったり、諭したり、論理で攻めるより、良い方法があります。

子供の個性を知って、言葉がけを変えるのです。

うちの子の場合、ムーン(月)属性の黒ヒョウ。

「みんな、仲間、一緒、仲良く」

こんなキーワードに心が動く傾向があります。

特に新しいもの、パソコンやスマホに興味があるタイプなので、そこから攻めても飛びつきます。

親がサン(太陽)属性のキャラだと、人の心の機微を読むのが苦手ですから、子供といつも喧嘩になるタイプの方はこの本で、魔法の言葉がけを学ぶ